MENU

 今でもガラケーを愛用している方たちは多くいるんじゃないかって思います。
実際に私自身も長らくガラケーを使っていたのです。
流行のスマートフォンというものには、興味を持つことが出来なかった中年サラリーマン。
最も年齢が近い人たちでも積極的にスマホを利用している人たちは多くいます。
わたしの場合、比較的新しいものが苦手だという事もあって、興味を持つ事がありませんでした。
長らく使っていたガラケーもお気に入りだったし、操作がしやすいのでストレスがなかったのです。
通話をする、メールを出す、インターネット閲覧するなど十分に活躍してきてくれました。
そんなガラケーがついに壊れてしまって、新しく機種変更することになったのですけれど、家族からも同僚からも激しいほどのスマホコールが沸き上がっていました。
「お前もそろそろスマホ使わねえと、ジジイになっちまうぞ」
同僚からはなかなか手厳しいエールまで送られてしまったのです。
妻も子供も同様に、今時ガラケーなんてかっこ悪いからスマホにしなよってずっと言ってくるんです。
ほぼ洗脳されるような形で、機種変更に向かった時はスマホにチェンジする気持ちになってしまってたんです。
スマホを持ち帰ると、子供がアプリ入れたら楽しめるから頑張って勉強してなんて生意気な事言ってきました。
そもそもアプリってなんだよって感じでした。
同僚にそのことを話話してみたんですけど、しっかりと説明してくれたんです。
「スマホってパソコンと同じだからさ、つまりアプリっていうのはソフトなんだよ。

パソコンだってソフト購入する必要があるだろう。
アプリは無料のもあるから、そういうの検索してみな」
こんな事も知らないで本当にスマホを利用してことが出来るのか?心配になってしまったんです。